犬の肛門腺の絞り方!初心者でもコツを覚えたら、とっても簡単♪その方法とは?

健康・病気

愛犬の肛門腺絞りに挑戦しようとしている飼い主さんや、挑戦したものの失敗してしまった飼い主さんへ!

難しそうだから、自分でやるのは無理!と思っていませんか?そんなことないんですよ。

犬の肛門腺の絞り方には、ちょっとしたコツがあるんです。それさえ押さえれば、間単に絞ることが出来ます。

肛門腺はきちんとケアしてあげないと、重大なお尻のトラブルになることもあります。可愛い愛犬がそんなことにならない為にも、ぜひ絞り方のコツを覚えて、お尻のトラブルを防いであげましょう。

それでは、肛門腺の絞り方についてご紹介していきます。

犬の肛門腺って、絞らないとどうなる?

先ほど書いたように、肛門腺というのは犬のお尻にあってニオイを出している部分です。スカンクと同じように、肛門の辺りにある小さい袋に分泌液が溜まっているのです。

この分泌物のニオイは、犬によってみんな違っています。色の濃さや質感にも違いがあります。

肛門腺は元々、野生の犬が必要としているものでした。的に襲われた時に、スカンクのように肛門腺から分泌物を噴射して身を守る役目があったのです。

また、そのニオイを利用して縄張りを示したりもしていました。

ですが、人間と暮らすようになった犬は、次第に分泌液で身を守る必要がなくなりました。使われなくなった肛門腺の筋力は弱まり、分泌物はうまく排出されないまま溜まってしまう場合があります。

大型犬に比べて小型犬が溜まりやすく、肥満や高齢によっても排出しにくくなります。これを放置していると肛門腺の炎症(肛門嚢炎)につながってしまうのです。

肛門嚢炎になると、赤く腫れて酷いと出血もあります。痛いのでウンチの時に悲痛な声をあげます。お尻が気になることから、いつも肛門を舐めたりする仕草も見られるように。

炎症の悪化が進むと、破裂してしまう場合もあるので、愛犬のお尻に異常を感じたら、すぐ獣医さんに診てもらってくださいね。

犬の肛門絞りの頻度

肛門腺絞りが必要なのは分かりましたが、一体いつ行えば良いのか疑問ですよね。毎日犬のお尻を嗅いでチェックするのでしょうか?

いえいえ、そんなことはしなくても大丈夫。実は犬の仕種を見ていれば分かるのです。犬が床や地面にお尻をコスリつけて歩いていたら、肛門腺絞りのタイミングと思えばOK!

コスリ歩きはかなり独特な仕草ですので、見ればすぐに分かると思います。または、お尻を頻繁に舐めている場合も、肛門腺絞りをしてあげましょう。

お尻がムズムズしていることから、こういった行動をすると言われています。

頻度は1~2カ月に1回程度。

ただ、分泌液が溜まりやすい体質の場合にはもう少し多めになるかも知れません。いずれにせよ、犬の様子を観察して判断することになります。

犬の肛門腺の絞り方!初心者でもできる肛門絞り!

炎症の予防には、肛門腺を絞ってあげるのが有効!とは言っても、初めて肛門腺を絞る人にはよく分からない事も多いようです。

また挑戦してみたものの、どうも上手くいかない。コツを知りたい。といった話も耳にします。ということで、以下に肛門絞りを成功させる方法をご紹介します!

肛門絞りの準備

肛門腺絞りに特別な道具は必要ありません。ただ、絞った時に分泌液が周りに飛び散ったりします。そして、それはとても臭いものです。

ですからお風呂場で行い、すぐにシャンプーしてしまうのがおすすめです。

気をつけなくてはいけないのが高齢のワンちゃん。お風呂が体に負担をかける場合もあります。

そういった場合は、肛門の上にティッシュを被せながら絞ると、飛び散りを少なくすることが出来ますよ。

肛門腺の絞り方

では、いよいよ肛門絞りに挑戦です!

  1. 尻尾の付け根を、片手で真上に持ち上げます。肛門をよく見て、縦長に伸びているのを確認しましょう。
  2. 肛門を時計だと思って下さい。4時と8時の場所に親指を人差し指をあてます。(指1本分くらい外側を挟む)
  3. そのまま、肛門に向かって押し上げるような感じで指を動かします。力を入れずに、優しく押し上げてください。

 

さあ、分泌物は出ましたか?

出た液の色を確認して、赤っぽい色でしたら炎症を起こしている可能性があります。緑色なら膿んでいるのかも。茶色や灰色以外の色が出たら、動物病院で診てもらいましょう。

もし何も出なかった場合は、無理に出そうとしないでOK!もしかしたら、それほど溜まっていないのかも知れません。

決して無理に絞りだそうとしないで下さいね、肛門腺を傷めてしまいます。

まとめ

犬の肛門腺絞りについてご紹介しましたが、いかがでしたか?初めての時は恐る恐るやるので、手つきが怪しく手際も悪かったりして、愛犬に警戒されるかも知れません。

ですが、何度かやればコツがつかめます。一度出来るようになれば、それからはササッと手軽にケア出来ますよ。

でも、どうしても難しかったり不安な場合は、無理して自分でやろうとしなくて大丈夫!病院に行けば獣医さんがやってくれますので、お任せしましょう。

肛門腺絞りは思っているより簡単ですので、定期的にケアしてあげましょうね。

コメント