犬のしつけの首輪の効果は?電気首輪やチェーンは動物虐待?

しつけ

犬の吠え癖やひっぱり癖などがそろそろしつけ用グッズでもはじめてみようかな?と思っている飼い主さんにしつけ用グッズの1つ「しつけ用首輪」についてご紹介したいと思います。

犬のしつけの首輪って本当に効果があるの?

しつけグッズで一番種類が多いとも言われている「しつけ用首輪チェーンのもの、電気が流れるもの、においがでるものなどたくさんの種類が現在販売されています。

しかし、それらのしつけ首輪にはどれほどの効果があるのでしょうか?それでは、その効果についてご紹介していきます!

犬の行動を制限できるため、問題行動などの改善に有効

犬の訓練士さんが、何を使ってしつけるのか、ご存知でしょうか?実はリードと首輪なんです!

リードと首輪は馬の手綱と同じで、しっかりと飼い主さんが使いこなせば、自然と犬は自分の行動を見直し、これはやってはいけないということを覚えていきます。

最近ではかわいい首輪も多く販売されていますが、首輪はおしゃれなチョーカーではありません。飼い主さんの指示を伝える道具でもあるので、第一に機能を重視して選びましょう。

即効性のある電気首輪は、短期間で犬のしつけができる

電気首輪はわんちゃんの首輪に、飼い主さんが持つリモコンから罰として電気刺激を送ることができます。

またわんちゃんがお留守番中に無駄吠えをしてしまってご近所の方から注意を受けないように、無駄吠えをしたわんちゃんの喉の振動を感じとり、自動で刺激を送る電気首輪も販売されています。

電流の刺激レベルを調整できるものもあります。

電流がながれて、わんちゃんが不快感を感じ、無駄吠えをやめるという仕組みになっており、短期間でわんちゃんのしつけができるため、即効性は高いといえます。

電気首輪は、犬によっては効かない場合もある

電気首輪はわんちゃんの体質や性格、犬種などによっても効果がない場合があります。効果がないというよりは、順応してしまうという表現が正しいかもしれません。

使い始めた頃は不快で無駄吠えをやめるのですが、だんだんその刺激に順応してしまい、「またか」くらいの感じで慣れてしまう子もいるようです。

チェーンの首輪は、飼い主の動きを犬に伝えやすい

チェーン式の首輪は警察犬や護衛犬などがつけているところをよく見かけます。首輪が絞まることにより、飼い主さんの動きをわんちゃんに指示しやすいのが特徴です。

首が絞まってかわいそうと思うかもしれませんが、その絞め付けにより飼い主さんの動きをわんちゃんに伝えているので、しっかり絞まる方が、伝えやすいといえるでしょう。

電気首輪やチェーンの首輪を使ったら動物虐待なの?安全性は?

電気首輪が短期間でしつけできそうだし、簡単そうだけど、電気を流すって動物虐待では?

わんちゃんへの安全性は?という部分が気になりますよね。電気首輪の安全性についてお話ししましょう。

実験によれば、電気首輪を付けた犬には激しいストレスがある

ペットの多いヨーロッパでは電気首輪は危険であるとされています。オランダでこの電気首輪をつけた犬とつけない犬でトレーニングを行い、どれだけストレスを感じたかという実験をおこなったところ、

電気首輪をつけた犬は、激しいストレスを感じており、脱毛や精神不安定(自身の尻尾を必要以上に追いかけたり、落ち着きがなくなる)、また飼い主との関係が不安定に陥るという現象が起きてしまいました。

外傷もそうですが、心のダメージは大きいと思われます。つまり電気首輪は、わんちゃんにとって精神的苦痛を与え、恐怖や不快感を与えてしつけるという方法のため、体罰に近いものというイメージです。

電気首輪は、心臓などに疾患がある犬には危険

電気首輪は体に害がない程度の微量の電気ショックを与えているのです。そのため、首だけではなく体全体に電流が流れます。

そのため、もともと心臓に疾患があるわんちゃん、てんかんなどの持病を持っているわんちゃんに使用してしまうと、心臓麻痺をおこしたり、ショック死してしまう可能性があるので、使用を検討されている方は、わんちゃんの体のことを再度考えてあげてください。

電気ショックにより、犬の首に穴が空いたという事例がある

電気首輪は様々なものが販売されています。金額の高い安いで安全性は担保されません。

実際某サイトで販売されている電気首輪をしつけのために買った飼い主さんは2回使用しただけで、わんちゃんのくびに穴が開き、感染症になってしまったという事例もあります。

全ての電気首輪でこのような事態が起きているわけではありませんが、電気ショックを与えるので、皮膚が弱いわんちゃんにとっては相当なダメージを与えてしまいます。

わんちゃんからの信頼も失い、かかってくる治療費にお金も失うことになりますのでご使用前にわんちゃんへのダメージのことも考えてつけてあげましょう。

チェーンの首輪は、しつけの首輪の中では安全性が高い

チェーン首輪は先ほど少しお伝えしましたが、しつけ首輪の中では一番安全性が高いうえに、わんちゃんにしっかりしつけることができます。

強く引っ張ると首がしまる仕組みになっており、初心者の飼い主さんがわからずに使用すると、わんちゃんの首を絞めつけすぎて、痛めてしまったりするので、

タオルをわんちゃんの首の太さに丸めたものや、ご自身の手などで指示を出す模擬練習をしたり、訓練士さんにしっかり講習を受けてから使用するようにしましょう!

まとめ

いかがでしたか?愛犬は言葉のしゃべれない子供と同じというふうに考えて接してあげてください!

電気首輪は短期間でしつけができ、留守の多い飼い主さんにとっては手間も省けますが、その分リスクがあることも理解しておいてください!

わんちゃんも根気よく教えてあげれば、しっかり覚えます。

でもご近所さんからのクレームなどで、どうしても困る場合は、一人で悩まずに、かかりつけの獣医さんや訓練士さんに相談してみましょう!

きっと、もっと良い解決方法が見つかるはずです!