犬にフィラリアの薬を飲ませ忘れると危険?!もし飲ませ忘れてしまったら・・・

健康・病気

犬を飼っていると必ず必要になるのが、フィラリアの薬を飲ませること。

薬嫌いなワンちゃんもいて、飲ませるのに苦労している飼い主さんも多いようですね。昔うちで飼っていた犬も、フィラリアの薬をチーズなどで包んでも、チーズだけ食べて薬は吐き出していました。

でも今はチュアブルタイプがあり、殆どのワンちゃんがオヤツ感覚で食べてくれるようです。そんなフィラリアの薬ですが、うっかり飲ませ忘れてしまったことはありませんか?

もし飲ませ忘れたら、一体どうなってしまうのでしょうか?

特に長期間飲ませ忘れた場合には、とても心配になりますよね。そこで今回は、フィラリアの薬を飲ませ忘れた場合の危険性について、お話をしていきます。

犬にフィラリアの薬を飲ませ忘れると危険?

まず、フィラリアについて少し説明をいたします。フィラリアは寄生虫で、いろいろ種類があります。

その中の「犬フィラリア(犬糸状虫)」は、犬の心臓や肺動脈に寄生します。寄生された犬は、呼吸器や肝臓、腎臓、血液の流れに重大な問題が生じます。

犬フィラリアの見た目は、白くて細く、そうめん状の虫です。長さは17~28cmくらいで太さは1mmほどです。

人間にも、ごくごく稀に感染してフィラリア症を発症することがありますが、重症化することはあまりないようです。

フィラリアが生きる環境として、犬の体が一番適しているのです。フィラリアは蚊が媒介します。日本にいる蚊のうち16種類もの蚊が媒介しています。

[box class=”yellow_box” title=”日本にいるフィラリアを媒介する16種類の蚊”]
・アカイエカ
・カラツイエカ
・アカンヤブカ
・アシマダラヌマカ
・ヒトスジシマカ
・チシマヤブカ
・ネッタイイエカ
・ヨツボシイエカ
・コガタアカイエカ
・ネッタイシマカ
・シナハマダラカ
・チカイエカ
・ホッコクヤブカ
・トウゴウヤブカ
・キンイロヤブカ
・カラフトヤブカ
[/box]

これほどたくさんの種類の蚊がフィラリアを媒介しています。

ですので、フィラリアを予防する薬は絶対に飲ませる必要があります。

それではフィラリアの薬には、どういったものがあるのでしょうか?薬は動物病院に行けば手に入ります。

レバミールやイベルメクチン、ジエチルカルバマジンなどがありますが、これらの薬はフィラリアの筋肉を動かなくさせることで殺します。

錠剤や顆粒タイプの薬が飲めないワンちゃんは、チュアブルやゼリータイプもありますよ。

どの薬を飲ませるかは、獣医さんが相談に乗ってくれるでしょう。せっかく薬をもらっても、飲まし忘れることもあるかと思います。

その時はどうしたら良いのでしょうか?

1ヶ月飲み忘れたけど大丈夫?

1カ月に1回飲ませるのが良いとされているフィラリアの薬。もし飲ませるのを忘れた場合、どうなるのか心配ですよね。

これについてはハッキリ「こうだ!」、と言い切ることは出来ません。1ヵ月忘れて感染してしまったケースもありますし、何カ月も忘れていたのに感染しないケースもあります。

感染リスクの高さは、飼育状況によっても大きく変わってきます。

例えば、都会の室内飼いでしたらリスクは低いですし、田舎の外飼いでしたらリスクは高いです。

フィラリアの薬は、効果が1週間くらいです。この間に、成長しきっていないフィラリアを駆除します。フィラリアの成長サイクルから考えて、飲ませ忘れが2週間程度でしたら問題はないそうです。

1カ月忘れていた場合は、ギリギリ大丈夫といったところです。

もし感染していたとしても、まだ幼虫段階のはずなので薬で駆除できるということです。ですが多少の危険性はありますので、念のために獣医さんに相談してみることをおすすめします。

ちなみに、フィラリアに感染したかどうか検査で分かるのは6カ月経過してからです。

薬を再開するには再検査って必要?

前回から大幅に期間があいてしまった場合は、必ず獣医さんに相談して判断をしてもらいましょう。

フィラリアの検査をしても、結果が分かるのは6カ月後ですから現実的ではありません。薬は、引き続き飲ませることになるでしょう。

くれぐれも、自己判断で飲ませるのを止めたりしないで下さい。

何日までなら飲み忘れても大丈夫?

忘れていた事に気付いたのが、予定の日から数日~1週間でしたら問題はありません。気付いた時に飲ませましょう。

犬の体調が悪い時などは、良くなってから飲ませたりもしますが、その時も数日程度でしたら問題ありません。

犬にフィラリアの薬を飲ませ忘れない工夫!

忘れないためには、いろいろな場所にメモを貼っておくと良いでしょう。

冷蔵庫や玄関、散歩グッズの場所など、く目にする場所がベストです。もちろん、カレンダーに記入するのも忘れずに!

スマホを利用して、予定の日に表示させるように設定するのもおすすめ。薬のみ忘れアプリもありますよ。

薬をまとめて貰うと忘れてしまう人は、毎月病院に薬をもらいに行くようにすると良いでしょう。

まとめ

犬のフィラリア予防は、愛犬の命を守るためにとても重要なものです。うっかり薬を飲ませ忘れた時は、その期間をチェック!

大幅に遅れた場合には、病院に行くことをおすすめします。犬を飼うのでしたら、フィラリア予防薬は毎年飲ませることになります。

自分なりに忘れない工夫をし、愛犬の健康を守ってあげたいですよね。

コメント