犬が夏バテで食欲がない時の対処法!対策と予防方法もご紹介!

健康・病気

年々暑くなる日本の夏。あまりの暑さに食欲不振に陥るのは、人間だけではありません。

犬だって、夏バテで食欲が落ちることもありますよね。そんな時、飼い主さんが出来る対処法ってどのようなものがあるでしょうか。

愛犬が夏バテで体調を崩さないように、しっかりと暑さ対策をしてあげたいですね。そこで今回は、犬の夏バテ対処法と予防法をご紹介していきたいと思います。

飼い犬の食欲がない!夏バテかも?夏バテした犬の特徴とは?

いつもよく食べる愛犬なのに、なんだか食欲がなさそうだと心配になりますよね。

ご飯をあげても食べなかったり、残してしまったり。夏の暑い時期でしたら、それは夏バテかも知れませんよ!

夏バテをした犬には共通の症状が出てきます。それでは、夏バテをしたわんちゃんは、どのような症状が出るのか見てみましょう。

食事の量が減る、食欲がなくなる

まず分かりやすいのが、食欲不振です。

おやつをあげても喜ばなかったり、いつもと同じ量をあげているのにご飯を残してしまったりする様子が見られたら、夏バテの可能性があります。

この時、あまりにも食事の量が少なかったり、元気がない場合は病院へ連れて行くことをおすすめします。

食事の量は多少減ったけど元気があるようなら、暑くて食欲が落ちているだけだと考えられます。

いつものような元気がない

先ほども書きましたが、食欲がなくて元気もない場合は獣医さんに相談しましょう。夏バテは、室内犬にも起こります。

その場合、部屋でぐったりと寝てばかりになります。オモチャでも遊びません。見るからに元気がないので、すぐ分かるでしょう。

散歩に行きたがらない

健康な状態の犬なら、散歩の時間になると大喜びするものです。うちで飼っていた犬も「さんぽ」という言葉を聞いただけで、飛び跳ねて喜んでいました。

犬が散歩に行きたがらないというのは、大抵どこが具合が悪いと考えて間違いないでしょう。外に連れ出そうとしても、歩こうとせずジッと伏せたままなら夏バテかも知れません。

動作が鈍い、フラフラしながら歩く

これはもう、いかにも具合が悪そうなのですぐ分かります。元気がなく寝てばかり、時々歩けばフラフラしていたり動きがゆっくりだったり。

また、動作だけ出なく反応が鈍くなっりもします。暑い日にこのような状態になっていたら、夏バテの可能性があります。

夏バテで食欲のない愛犬が心配!食欲を回復させる方法とは?

ここまで、夏バテの症状をご紹介してきました。それでは、実際に夏バテをして元気がなくなっている愛犬に、どのように対応すれば良いのでしょうか。

一刻も早く、食欲が戻り、元気になって欲しいですよね。ここからは、夏バテをして食欲がない犬の、食欲を回復させる方法をご紹介します。

冷たい犬用のアイスを食べさせる

人間も、暑い夏にはかき氷やアイスを好んで食べますよね。ヒンヤリした喉越しが気持ち良く、それだけでも少し元気になる気分です。

犬も同じで、冷たいものを食べることで体温が少し下がります。犬は舌で体温調節をしているので、アイスで冷やすのはとても効果的なのです。

この場合、犬用のアイスをあげましょう。人間用は犬の体に合いません。何もアイスでなくても良いのです。ただの氷をあげたり、飲み水に氷を浮かべたりすることでも効果はありますよ。

食事がドライフードの場合は、ウェットフードを試してみる

いつもドライフードを与えていて、そのドライフードを食べたがらない場合は、ウェットフードを試してみるのもよいでしょう。

ドライフードなら食べないけど、ウェットフードなら喜んで食べてくれることもあります。

ですが、ウェットフードの美味しさに慣れてしまうと、ドライフードを食べてくれなくなることもあります。ドライフードにウェットフードを混ぜて与えても良いでしょう。

飼い犬が最も好むおやつ・食べ物を与える

食欲が落ちていて、いつも食べているご飯を食べたがらないワンちゃんでも、大好きなおやつ、食べ物なら食べてくれる場合も多々あります。

その場合は、ワンちゃんの大好きな物(犬に与えても大丈夫なもの)を食べさせて回復をはかりましょう。

犬も夏バテしたり熱中症になる!有効な予防対策とは?

犬だって、あまりにも暑さが過酷であれば、夏バテで元気がなくなったり、熱中症で危険な状態にもなります。

そうなってからの対処法を知っておくのは勿論大切ですが、その前に予防出来たらそれに越した事はないですよね。そこで、有効な予防法をご紹介します。

室内飼いの場合は、エアコンを使用する

気温22度以上、湿度60%以上になると熱中症になる危険性があるといわれています。

室内飼いではほとんどの場合、クーラーが必要になるでしょう。エアコンや扇風機を使って室温を調整してあげましょう。

あまり冷えすぎるのもワンちゃんに良くないので、25度~26度で湿度は50%程度がおすすめです。

うちでは5月半ばあたりから、エアコン10月中旬ごろまで25度設定にしています。(大阪市内)

犬が1日に必要な水分量を把握しておく

環境省から配布されている「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」では、犬が1日に必要な水分量は以下の通りです。

ワンちゃんが好きな時に好きなだけ新鮮な水が飲めるようにしておいてあげましょう。

犬が1日に必要な水分量 (mL、 フードから摂る水分を含む)

  • 2kg – 190mL
  • 3kg – 260mL
  • 4kg – 320mL
  • 5kg – 370mL
  • 6kg – 430mL
  • 7kg – 480mL
  • 8kg – 530mL
  • 9kg – 580mL
  • 10kg – 630mL
  • 15kg – 850mL
  • 20kg – 1060mL
  • 25kg – 1250mL
  • 30kg – 1440mL
  • 35kg – 1610mL
  • 40kg – 1780mL

引用元: 飼い主のためのペットフード・ガイドライン – 環境省

※上記の水分量はあくまでも目安ですので、気温や湿度、ワンちゃんの運動量によって必要な水分量は大きく左右されます。

犬小屋は、風通しが良く日陰になるように工夫する

庭で犬を飼っている場合は、犬小屋の位置に注意しましょう!夏場は、風の通りが良くて日陰になる場所に設置するようにしてくださいね。

どうしても日が当たってしまう時間帯があるのなら、何か日よけになるもの(スダレなど)を利用しましょう。

また、犬小屋周辺にも日影が出来るようにしましょう。背の高い植物などがあると、自然な日陰が出来るので良いですよ。

毛の長い犬は、毛を短めにカットして体感温度を下げる

犬種によっては、とても毛が長い場合があります。夏はコートを着ているようなものですから、体温をうまく下げることが出来ません。

ですから、毛をカットして体感温度を下げさせてあげると良いでしょう。カットは自宅でもOKですが、犬用の美容院にお任せするのが楽ですね。

うちでは夏場は自宅でバリカン(スピーディック タピオ)を使って丸刈りにしますが、これは効果絶大です。

カットする前まで「はぁはぁ」とパンティングしていた愛犬が、カット後にはまったくパンティングしなくなるほどです。

少し見栄えは悪くなりますが、美容院でも夏用のカット(サマーカット)をしてくれるので、美容院にきいてみましょう。

見栄えが悪くても、うちではワンちゃんが快適ならそれでオールオッケーです♪

犬用の冷感グッズを利用する

市販のペット用クールマットを利用するのもおすすめです。

アルミのプレートや、保冷材を挟みこむものなど、いろいろなタイプがありますよ。

ペットボトルに水を入れて凍らせたものを、タオルでくるんで置いておくのも良いでしょう。

まとめ

犬も、人間と同じように夏バテすることがあります。その時、飼い主がする対処法についてご紹介しましたがいかがでしたか?

夏バテした時に上手に対処するのも大切ですが、その前に夏バテしないような環境を整えてあげると良いでしょう。

犬も人間も、元気に夏を乗り切りましょう!