犬に牛乳はNG?下痢や嘔吐の原因に!その理由とは?

その他の食べ物・飲み物

漫画やアニメでよく捨てられている子犬を拾ってきて、こっそり給食の牛乳を与えるっていうシーンがありますよね?

子犬や愛犬に牛乳を与えようとしている飼い主さん!犬に牛乳を与えるのはダメなんです。これって意外と知られていませんよね。栄養満点の牛乳に潜んでいる危険とはなんなのか?

でもドッグカフェに行ったらミルクってメニューにあったような・・・犬に飲ませていいの?という飼い主さんに、犬に与えてもいいものについてもお話したいと思います。

犬に牛乳を与えるのはダメなの?その理由は?

人間にとって牛乳は骨を形成したり、丈夫に保つカルシウムが豊富なため、たくさん飲みなさいと子供のときから言われる飲み物ですよね。

人間にとっても栄養豊富なら、犬にもいいのでは?と思いますよね。しかし、市販の牛乳を与えてはいけない理由があるのです!

大人になった犬には、人間用の牛乳を与えてはいけない

人間でも牛乳を飲むとお腹をくだしたり、お腹の調子が悪くなる人がいますよね?犬にも同じ症状が起こります。

これは牛乳に含まれる乳糖という成分が関係しているのです。牛の乳に含まれる乳糖は5パーセントで、犬の乳に含まれる乳糖は3パーセントとなっています。

小さいときに3パーセントの乳で育った犬たちは、5パーセントの乳糖への免疫がないため、大人になった犬に人間用の牛乳をあげてはいけないのです。

成犬は、牛乳に含まれる乳糖を十分に分解できない

牛乳を飲んでお腹の調子が悪くなるのは、牛乳に含まれる乳糖を分解できない「乳糖不耐性」という症状なのです。

小さいころに母犬から母乳をもらって育った犬は乳糖を分解する能力が高いのですが、飲まなくなるにつれその分解力はどんどん下がっていきます。

そのため成犬になってからだと分解能力が落ち、牛乳を飲むとお腹の具合が悪くなってしまう犬が多いのです。

乳糖を分解する能力は、犬によって個体差がある

乳糖を分解する能力は年齢とともに減少していきますが、個体差があり成犬になって牛乳を飲んでも調子の悪くならない犬もいます。

これは犬種によってわかれるわけではなく、犬によって個体差があります。

犬が牛乳を飲んだらどうなるの?その影響や症状は?

では犬が牛乳を飲んだらどうなるのでしょうか?具体的な症状や犬の体への影響はなにかを見てみましょう。

犬の胃腸が不調になり、下痢や嘔吐の症状がある

冒頭からも少しお話ししていますが、人間用の牛乳を飲ませると、下痢や嘔吐をする犬が多く見られます。

犬種や大きさに関わらず、個体差があるので全く大丈夫な犬もいますが、翌日になってから下痢や嘔吐の症状がでる場合もあります。

下痢や嘔吐が止まらない場合は脱水症状をおこす可能性がありますので、動物病院にすぐいきましょう。

乳製品アレルギーの犬は、痙攣や血便などの危険な症状もある

犬が牛乳を飲んでお腹の調子を崩す理由として、乳糖不耐性の他に、乳製品アレルギーの可能性があります。

乳製品アレルギーをおこす犬は多くないと言われていますが、症状がでた場合は注意が必要です。皮膚にかゆみや痛みを伴う湿疹がでたり、重度の場合は痙攣や血便などの症状がでる場合があります。

乳製品アレルギーは乳製品を摂取し、しばらくしてから症状が現れる場合があります。すぐ症状が現れないからといってアレルギーではないとは言えませんので、少量飲ませてみてしばらく経過をみましょう。

牛乳はカロリーが高く、犬が肥満になりやすい

人間用の牛乳は栄養素が高いため、犬にも飲ませてあげたいですが、脂質が多いため人間でもダイエット中の方は気をつけている方が多いと思います。

人間よりも体の小さい犬が栄養たっぷりの牛乳を飲みすぎると、栄養の摂取しすぎで肥満になってしまう可能性がありますので、飲ませすぎには注意しましょう。

犬に与えても安全な牛乳の代用品はないの?他の乳製品もダメなの?

牛乳にはたんぱく質、カルシウム、マグネシウム、カリウム、脂質、炭水化物などの栄養素が含まれており、吸収もよいのでぜひ愛犬には飲ませてあげたいものです。

しかし、アレルギーやカロリーなど心配な事が多いですよね。犬に与えても安全な牛乳の代わりとなるものはないのでしょうか?また他の乳製品は与えてはいけないのでしょうか?

犬に乳製品を与える場合は、まず病院でのアレルギー検査を!

まず、乳製品を与える場合は、動物病院でアレルギーの検査をしておいた方が安心できるので、おすすめです。この検査をしておけば、牛乳以外の乳製品を与えるときも安心して与えられます。

山羊(ヤギ)のミルクは、犬の母乳成分とほぼ同じなので大丈夫

牛乳に含まれる成分はやっぱり与えてあげたい。でもお腹が心配だし・・・という方には山羊のミルクがオススメです。

これはペットショップなどでも販売されているので、気軽に購入することができます。

牛乳は牛から、山羊は山羊からなので犬の乳とはどちらも異なりますが、牛乳は乳糖が5パーセントに対し、山羊は4パーセント犬は3パーセントなので、牛よりは近いといえます。

微妙な差ですが、犬は敏感に感じ取るため、できるだけ近いものを与えてあげるほうがいいでしょう。

犬用に作られたミルク、犬用のチーズは安心

人間用の牛乳は心配ですが、犬用に作られたミルクやチーズがペットショップやドッグカフェなどで販売されています。

犬用と人間用は何が違うのかというと、犬用のミルクやチーズには原料を山羊ミルクにしているものもありますが、通常の牛乳を使用している物もあります。

それらには、乳糖を分解する酵素が添加されており、乳糖を分解することができない犬にも安心して与えることができます。

ヨーグルトは、無糖タイプであれば犬に与えてもOK

ヨーグルトだって原料は牛乳だからだめなんじゃない?と思いますよね。ヨーグルトは発酵の過程で乳糖が分解されいるため、与えても大丈夫だと言われています。

牛乳は飲めないけど、ヨーグルトは大丈夫という犬も多いのです。ヨーグルトは牛乳同様栄養が非常に豊富で、消化吸収もよくお腹の調子も整えてくれるので、犬に与えたい乳性品の1つです。

しかし、乳製品アレルギーや肥満にもつながるので、あげすぎには注意しましょう。

まとめ

愛犬の健康を思う飼い主さんだからこそ、犬にいい物を与えたいですよね!

しかし、知らないであげるとアレルギーがあったり、大変な症状を引き起こしてしまう可能性があります。犬に乳製品を与える前に、まずはアレルギー検査を行うことをおすすめします。

またアレルギーに問題がなかったとしても、与える量は肥満予防のためにも少量にしましょう!