犬の留守番にはテレビや音楽は必要?電気は点けておいた方がいいの?

気持ち

室内で犬を飼っている場合、飼い主が出掛けて犬だけになると、「退屈したり寂しくなってしまうのでは?」と心配になりますね。

愛犬に退屈や寂しい思いをさせるのは可哀想だから、何か対策をした方が良いと考え「テレビや音楽を流そう!」と思いついた人も多いのではないでしょうか?

そして実際に、それらの方法をおこなっている話も耳にします。今回は、そういった対策が本当に必要なのかどうかを、お話していきます。

飼い犬は留守番で退屈する?テレビや音楽を流した方がいいの?

留守番中の犬に、テレビや音楽は必要なのでしょうか?

確かに人間なら、テレビをつけっぱなしにしておけば、賑やかで退屈しないかも知れません。犬も人間と同じなのでしょうか?

テレビや音楽を好むか否かは、犬によって個体差がある

テレビや音楽をつけっぱなしにしておくことを、喜ぶ犬と喜ばない犬がいます。個体差があるので、一概にどちらが良いとは言えないのです。

普段から飼い主がテレビをつけっぱなしにしてれば、犬もテレビの音が好きかも知れません。その反対に、飼い主が普段テレビや音楽を流していなかったとしたら、犬は静かな環境に慣れている筈です。

どのような環境で育ってきたかによっても違ってきますし、犬本来の性格にも関わってきそうです。

寝ていることが多い犬には、不快に感じる場合が多い

飼い主がいない間、犬はずっと起きているとは限りません。もしかしたら寝ているかも知れません。

睡眠をとりたいのに、テレビの音がしたり音楽が流れていては気になって眠れないことでしょう。飼い主が良かれと思ってやったことが、犬にとっては不快なことかも知れないのです。

勿論、ずべての犬がそうだとは限りませんが、一応そういう可能性も頭に入れておきましょう。特に高齢の犬は寝ている時間が長くなりますので、静かにゆっくり休みたいかも知れません。

テレビや音楽に慣れている犬には、リラックス効果が期待できる

先ほども書きましたが、普段から飼い主と一緒にテレビや音楽を聴いている犬にとっては、リラックス効果が期待出来ます。

飼い主がいない環境でも、普段と同じように音が流れていれば安心感があることでしょう。

急に静かになってしまうと、不安で落ち着かなくなる可能性があります。犬の様子を見ながら判断しましょう。

飼い犬を留守番させる時に電気はどうする?点けておく?消しておく?

テレビや音楽など、音や映像を流しておくのは、犬によっては不快に感じることもあります。

では、電気はどうでしょうか?飼い主の帰りが遅くなると分かっている場合、夜に備えて電気をつけておく必要はあるでしょうか?

基本的に犬は、電気が点いていなくても大丈夫

暗くなると寂しくなったり怖くなったりするのではないか?というのは、人間の発想です。犬は基本的に暗くても大丈夫です。

夜間でも物を見る力が発達しているので、電気がついていなくても平気です。

留守番中の犬は、寝て過ごすことが多い

犬は、一人きりになると寝ていることが多いようです。ですから電気がついていてもあまり関係ないと言えます。

できるだけ普段通りの環境にしておくのがベター

寝て過ごすことが多いとは言え、やはり普段と違うと感じると不安になることでしょう。なので、なるべく普段と同じ環境にしておくのが良いです。

いつも電気がついている時間なら、電気をつけておきましょう。留守番中に、いつもの消灯時間になってしまうようなら、タイマー機能を利用することをおすすめします。

普段と同じくらいの時間に、部屋が暗くなるようにするのです。

留守番中の愛犬の不安を軽減するには?出かける前にしておきたいこと!

留守番中に、愛犬が不安な気持ちで過ごすことはなるべく避けたいですよね。

外出前にちょっとした準備をする事で、不安を軽くしてあげることが出来ますよ。その方法をご紹介します。

留守番前にたっぷりと散歩や運動をさせる

留守番をしてもらう前には、散歩に出掛けてしっかり運動させると良いでしょう。心地よい疲れを感じ、飼い主がいない時間は寝て過ごせるからです。

散歩に行くのが難しい場合は、家の中で遊んであげてもOKです。疲れて出来るだけ長い時間眠っていれば、それだけ不安を感じる時間が少なくなります。

愛犬が独りで遊べるおもちゃ、大好きなおやつを与える

犬用のおもちゃを用意しておきましょう。独りでも遊べるようなおもちゃが良いです。

また、愛犬が好きなおやつを与えるのもおすすめです。長い時間、かじっていられるようなおやつでも良いですし、コングにおやつを詰めておくのも良いですね。

愛犬が安心して過ごせるケージやサークルに入れる

広い家の中に独りぼっちになると、不安に感じる犬もいることでしょう。そのような場合は、ケージやサークルを用意してあげると良いですよ。

窮屈そうな気もしますが、狭い所って案外落ち着くものなのです。「ここは安全な場所だ」と思えば、留守番中もリラックスして過ごせることでしょう。

普段から、このようなエリアを設けておくと、いざ留守番という時に安心ですね。

監視カメラを設置して、留守番中の愛犬の様子を観察する

ペット用の見守りカメラが、いろいろと売られています。これは飼い主の留守中に、家の中のペットの様子をチェックすることが出来るアイテムです。

首振り機能や広角レンズの採用により、広いエリアをチェックすることが出来ますよ。赤外線機能搭載のものもありますので、夜でも安心です。

また、家にいるペットにスマホから話しかける機能がついたものもあります。このようなカメらを使えば、犬だけでなく飼い主も安心感を得ることが出来ますね。

まとめ

犬の留守番についてお話をしてきましたが、いかがでしたか?愛犬が寂しがるんじゃないかと心配で、テレビや音楽、電気をつけていきたくなりますよね。

でもそういったものは、基本的に犬には必要ないようです。

ただ、普段と出来るだけ同じ状態にしてあげる必要はありますので、普段から電気がついている時間が長いのであれば、出来んをつけておくと良いでしょう。

外出前にちょっとした対策をするほか、外出先からペットの様子を見れるカメラを利用するのもおすすめ。あなたの愛犬にあった留守番の仕方を、是非見つけてあげてくださいね。