犬がおやつを隠す!ご飯などを隠すと意味とは?対処法について

気持ち

愛犬が喜ぶと思って、おやつを買ってきて与えてみたのに、食べずに隠そうとする事ってありますよね。

そんな時、もしかしたら気に入らなかったのかな?なんて思ってしまう飼い主さんもいるかも。

でもそんな事はないんですよ。

おやつを隠すことには、犬なりの理由があるのです!

今回は、犬がおやつを隠す理由についてお話をしていきたいと思います。

犬がおやつを隠す!ご飯を隠すその意味は?犬の気持ちは?

以前うちにいた犬も、おやつを隠していた事がありました。

どこに隠したか忘れてしまうようで、しばらく時が経ってから何かの拍子に発見されるという事もありました。おやつを貰ったらその場で食べればいいのに、と思います。

でも、犬には犬の理由があるようですよ。

犬の本能として、食べ物を隠す習性がある

犬がおやつやご飯を隠していたからといって、お行儀が悪いと怒らないで下さいね。

食べ物を隠すのは、犬の本能であり習性なのです。

野生での暮らしでは、獲物を一度に全部食べれないという事もあります。そんな時、自分以外の犬が食べてしまわないように、穴を掘って隠すのです。

犬には、自分のご飯を守るという習性があるのです。

他者に奪われないようにしている

犬は、食べ物以外も隠すことがあります。

好きな玩具や拾ってきた物(ペットボトルの蓋など)を、自分の身近に置いておきたいという気持ちがそうさせるのです。

隠す事で、他者に奪われるのを防いでいるのですね。

宝物を集めるのを、遊びとしてとられている犬もいるようです。人間と同じで、自分のお気に入りをコレクションして楽しんでいるのでしょう。壊れたサンダルや、ドングリなど、一見ガラクタに思えるような物を集めたりするんです。

飼い主のことを、同等の存在と思っている

犬がおやつやご飯を隠すのは、他者に奪われるのを防ぐためだと書きました。

野生で生活をしていた時代、犬は群れを作って行動をしていました。

群れにはリーダーがいて、犬たちはリーダーにご飯を取られても怒ったりはしません。ですが、自分と同じ立場の犬がご飯を取ったら怒ります。

 

多頭飼育の家でご飯を隠す場合は、同じ立場の犬がいるためでしょう。

では、1頭しか飼っていないのにご飯を隠すケースは、どういう理由があるのでしょうか?

 

実は、この場合も同じ理由なのです。

取られる相手が同じ立場の犬ではなく、「飼い主さん」だと思っているのです。

飼い主と犬との生活が密接であると、犬は自分は飼い主と同等の立場だと思うようになります。

1頭なのにご飯を隠す行動が見られたら、飼い主と犬との関係を見直した方が良いかも知れません。

犬を家族のように愛したい気持ちは分かりますが、飼い主がリーダーであることを教える必要はあります。

犬がおやつやご飯を隠す場合の対処法は?

犬がおやつやご飯を隠してしまう理由は分かりましたが、だからと言ってアチコチに食べ物を隠されたら不衛生ですよね。

特に室内の場合は、ニオイなども気になることでしょう。

この行動に対して、飼い主はどう対処すれば良いでしょうか?やめさせた方が良いのでしょうか?

食べ残さないように、与える量を調整する

犬は、食べきれない分を隠す習性があります。

ですから、隠そうとしているのはお腹がいっぱいだという可能性があります。

ご飯の量を見直してみると良いかも。いつも残すようであれば、ご飯を少し減らしたりして調整してみましょう。

適量を与えることにより、隠す行動がなくなるかも知れません。

おやつやご飯を置きっぱなしにしない

ご飯の時間を特に決めていない飼い主さんも、中にはいるようです。

お皿にいつもご飯を入れておいて、無くなったらまた入れる。常にお皿にご飯が入っている状態なのです。

これではご飯を隠してくれ、と言っているようなもの。

おやつやご飯を置きっぱなしにしないようにしましょう。

犬の本能である以上、無理やりやめさせるのはNG!

物を隠すのは、犬の本能からくる行動です。

隠そうとしている場面を見つけて、ご飯や物を取り上げたりして無理やりやめさせるのは逆効果です。

「この飼い主は、自分の物を取る人だ!」と認識されて、逆効果になる可能性も。

ご飯を隠す場合は、食べ物の量を調節するのが一番です。

犬は飼い主の持ち物を隠すことも!その理由と対処法

飼い主さんの持ち物まで隠す犬もいて、困っている人も多いようですね。大事な物を隠されてしまっては大変!

そうなる前に、理由を知って上手に対処しましょう。

飼い主の持ち物を隠すのは、気を引くためのアピール行動

飼い主の気を引きたくて、持ち物を隠している可能性があります。

何かを隠せば、飼い主が自分に注目してくれると学習したのでしょう。

構って欲しい時に、物を隠すようになります。

犬が寂しさやストレスを感じている可能性が高い

もしかしたら、犬は寂しい思いをしているのかも。

飼い主が家を留守にしてばかりで、犬と遊んであげていない場合、寂しくて飼い主の匂いのするものを持っていたい気持ちになるのでしょう。

愛犬を遊ばせ、コミュニケーションを充実させる

寂しさやストレスから物を隠している場合は、愛犬と一緒に遊んだり散歩をしたりして、充実した時間を過ごさせましょう。

毎日に満足していれば、物を隠さなくなる可能性が高いです。

まとめ

犬がおやつやご飯を隠す行動について、理由や気持ち、対処法をお話してきました。

参考になったでしょうか?

物を隠すのは、野生時代の名残であり犬の本能です。

なので、それを無理矢理やめさせるのは可哀想ですよ。

ご飯の量を減らしたり、コミュニケーションをたっぷりとるなどして、飼い主さんの配慮が必要となります。

犬の気持ちを考えて、適切な対処が出来ると良いですね。

きっともっと素敵な関係を築けることでしょう。