犬が吐く!?「元気ない」ときの原因と対処方法!

健康・病気

いつも元気な愛犬が、突然嘔吐して元気がない状態に!

そんな状況になったら、飼い主さんは焦ってしまうかも知れませんね。

でも、そんな時だからこそ冷静にならなくてはいけません。

ここでは、犬が嘔吐して元気がない場合原因と、その対処方法についてお話をします。

飼い犬が吐いて(嘔吐)元気がない!考えられる原因とは?

飼っている犬が吐いてしまって、しかも元気がないとなれば、とても心配ですよね。何かの病気ではないかと、不安にもなります。

もし病気だとしたら、どんな病気なのでしょうか?

他にも考えられる原因をご紹介していきます。

胃炎や腸炎など、消化器疾患の疑いがある

嘔吐する病気で多いのは、消化器系の病気です。

口、食道、胃、小腸、大腸、肛門といった、消化吸収の役割を担う器官を消化器官というのですが、これらのいずれかで炎症が起こっていると、嘔吐につながったりします。

[box class=”yellow_box” title=”消化器系の病気と症状”]

  • 巨大食道症

食堂が広がってしまう、遺伝的要素の大きい病気。吐き方に特徴があり、遠くに飛ばすように嘔吐物が出てきます。

  • 急性胃炎

危険な物を飲んだ時などに起こり、血が混ざっている場合もあります。

  • 慢性胃炎

嘔吐と共に元気が無くなり、口臭がきつくなったりします。貧血の症状も出ることがあります。安静にしながら、自然に治るのを待ちます。

  • 胃潰瘍

胃の粘膜の一部がなくなってしまっている状態です。チョコレートのような茶色い嘔吐物が出ます。

  • 急性膵炎

膵臓からの消化液により、膵臓が消化されてしまいます。膵液の過剰分泌のせいであり、肥満や食べ過ぎが原因です。激しい下痢も伴います。

  • 急性肝炎

体内の毒素を解毒できなくなるので、いろいろな病気の元になります。嘔吐や下痢の症状が出ます。

  • 腸閉塞

腸が詰まって、食べ物が通れなくなる状態。異物を飲んだ場合に起こることが多いようです。
また、腫瘍が腸を圧迫しているケースも考えられます。嘔吐は激しく、便が出なかったりお腹を痛がったりします。

急性腸炎

小腸、大腸の炎症により、消化吸収がうまくいかなくなります。嘔吐の他に、激しい水のような下痢の症状があります。[/box]

  • 急性腎不全

腎機能の低下により、嘔吐が起こります。尿毒症を引き起こす事もあります。

食べた物により、中毒を起こしている可能性がある

嘔吐している犬の周囲を見てください。

チョコレートやレーズン、玉ねぎといった、犬にとっては毒物となる食べ物や、殺虫剤やタバコなどは落ちていませんか?

中毒症状での嘔吐の可能性もあり、この場合は短時間で症状が進行していくことが多いです。

嘔吐・下痢に加え、痙攣が見られることも。死亡する可能性もあるので、一刻も早く病院へ!

犬にとって毒となる食べ物はきちんとしまっておくことで、予防することが出来ます。

異物を誤飲した可能性がある

もしかしたら、異物を飲んでしまったのかも知れません。食べてしまったものを、一生懸命出そうとしているのでしょう。

何かを飲んだ可能性があるのなら、動物病院へ行きましょう。吐き出させる処置をしてくれたり、大きすぎて出せない場合は手術になることもあります。

その場合は、バリウム造影検査などにより場所を特定しなくてはなりません。

その後、全身麻酔にて手術となり、入院する必要が出てきます。

犬が吐いて(嘔吐)元気がない!病院へ連れて行くべき?対処法は?

犬が吐いてしまって元気がない時、あなたはどうしたら良いでしょうか。

吐いたら必ず病院に行くべきなのでしょうか?

また、吐いた時の適切な対処法は何なのでしょうか?

嘔吐した後ぐったりしている場合は、早急に病院に連れて行く

吐いた後に、元気が無くぐったりした状態になってしまっていたら、すぐに病院に連れて行きましょう

原因にはいろいろあるので、素人が見ただけで特定するのは難しいです。

ですが、異物を飲んだかどうかは、分かる範囲で確認しておきましょう。

中毒であっても内臓の病気であっても、獣医師による診察が必要です。

とにかく、受診することをおすすめします。

痙攣や体温の低下がある場合には、獣医師の指示を仰ぐ

嘔吐と併せて、体が痙攣していたり、体温が低下してきている場合は危険な状態と言えるでしょう。

すぐに動物病院に連れて行くか、電話で獣医師に相談し指示を仰いでください。

嘔吐と共に、痙攣や体温の低下が見られるのは尿毒症の症状であり、腎臓を病んでいる可能性が高いです。

尿毒症の場合、口からアンモニアのような臭いがします。放っておくと、昏睡状態になり最悪死亡します。

嘔吐を繰り返し食欲もない場合は、すぐに動物病院を受診する

犬が嘔吐を何度も繰り返していて、食欲がなくなってしまった場合も、動物病院へ!

消化器系の病気の可能性が高いです。

犬の吐いた時は要注意!危険性の高い嘔吐とは?

犬の嘔吐には、病気のサインが隠されているのですね。

それでは、特に気をつけなくてはいけない、危険な嘔吐とはどういったものでしょうか。

嘔吐だけではなく、下痢や熱もある場合

嘔吐をした犬の体が、いつもより熱いと感じる時は発熱している可能性があります。

また、下痢の症状も見られたりします。

嘔吐・下痢・発熱の症状が見られたら、動物病院へ!

何回も吐いて嘔吐がとまらない場合

吐いたと思ったら、数分後にまた吐いた!いくらなんでも、これは吐き過ぎ。

体に何か異変が起きている証拠です。

何回も止まらない場合は、すぐに動物病院へ行くことをおすすめします。

吐いたものに血がまじっている場合

嘔吐した時、何を吐いたのかチェックする習慣をつけるようにすると良いでしょう。

確認した時、ピンク色っぽかったり赤かったり、茶色っぽい血のようなものは混ざっていませんか?
吐いたものに血が混ざっていたら、危険性が高いと言えるでしょう。

動物病院へ急いでください。

まとめ

犬が嘔吐をして元気がない場合の、その原因と対処法をご紹介しました。

ストレスのせいで吐いている場合もあるのですが、消化器系や腎臓の病気が原因となっている場合もあります。

病気だとしたら、手術が必要なものもあります。

早めに受診して、獣医師の判断に従いましょう。