犬が顔を舐める理由とは?やめさせるべき?舐めさせて大丈夫?

気持ち・行動

犬を飼っていると、愛犬に顔を舐められるなんて日常茶飯事かも知れませんね。

犬は本当によく、飼い主の顔を舐めてきます。私も以前犬と暮らしていたので、よく分かります。飼い主以外の人の顔だって、舐めようとしますよね。

なんでそんなに顔を舐めたがるのでしょうか?

今回は犬が顔を舐める理由と、それをやめさせるべきかどうかについて、お話をしていきます。

犬が顔を舐める理由とは?

愛犬が顔を舐めてくると、飼い主は嬉しいものですよね。自分の事を慕ってくれているのだな、と幸せな気分にもなるでしょう。

でもどうして、犬は顔を舐めるのでしょうか?

それにはどうやら、理由があるようです。

それをご紹介していきますね。

愛情表現:信頼する飼い主に、「大好き」を伝えている

これはもう、犬の様子を見ていれば分かりますよね。

嬉しそうに尻尾をふり、飼い主にすり寄って来て、全身で「大好き」を伝えている時に、顔をペロペロ舐めたりします。

これは、飼い主をリーダーと認めているということにもなりそうです。信頼しているよ、ずっと一緒だよ、守ってね、などリーダーに対する信頼感があるのでしょう。

犬からの、嬉しい愛情表現ですね。

あいさつ:敵意がないことを示し、服従する思いがある

犬の先祖であるオオカミは、群れで行動をしています。

社会性のある動物ですので、上下関係がはっきりしているのです。

自分より上位のオオカミに対して、自分が敵意を持っていない事を伝えるための挨拶だと言われています。

服従したり、自分の方が順位が下だということを表しているのです。

甘え・要求:甘えやおねだりなど、飼い主へのアピール

オオカミの子供は、お腹が空いた時に「ご飯をちょうだい」と母親に伝えます。その伝え方が、母親の口元を舐めるというもの。

母親は捕まえた餌を一度食べ、子供が口元を舐めでおねだりした時に吐き戻して与えるのです。

吐き戻すことで食べ物は柔らかくなり、離乳食として活用出来るのです。

母親に甘えたい時にも、口元を舐めたりします。

 

犬が飼い主の顔を舐めるのも、この名残りだと言えるでしょう。

子供が甘えて母親の口元を舐めるように、飼い主さんにも甘えたいのでしょう。

飼い主さんを母親のような存在だと思い、慕っているのです。

犬に顔を舐めさせても大丈夫?病気に感染することもある?

犬からの愛情行動だとは言え、顔を舐めさせることに不安を感じる人もいるのではないでしょうか?

特に小さなお子さんがいるお宅では、病気の感染など心配ですよね。

犬に顔を舐められることで、病気に感染する事はあるようです!

では、それらの病気をご紹介しましょう。

パスツレラ症:乳幼児など、免疫力の弱い人が発症しやすい

人獣共通感染症の1つである、パアスツレラ症

パスツレラ菌が原因となっており、殆どの犬や猫の口の中に常在しています。なんと、75%の犬にいると言われているのです。

感染経路は、犬に噛まれたり引っかかれたする事ですが、キスをしたりなどでも感染するようです。

症状としては、化膿したり腫れてきたりします。酷い場合は、骨髄炎や外耳炎、敗血症を引き起こしたり、呼吸器系にも影響が出ます。死亡例もあります。

 

発症しない人もいます。

免疫力や体力の低下や、糖尿病、肝障害の人は発症して重症となりやすいです。

そのような人は、犬との距離に気をつけましょう。

回虫症:他の犬の排泄物で、散歩中の飼い犬が感染する

寄生虫の一つである回虫

犬がお尻や毛を舐めた時に、そこについていた卵が口に入ります。

その口で飼い主さんの顔を舐める事で、人間に感染するのです。

感染するのは子供が多いようです。

症状として、発熱・肺炎・ぜんそく、視力障碍が挙げられます。

Q熱(キューねつ):人間が感染すると高熱が出る

コクシエラ・バーネッティが原因菌。

犬が、菌が含まれている排泄物を舐めてしまったり、空気中の菌を吸ったりすることで感染します。

また、マダニによっても感染します。

 

感染した犬は、軽く発熱する程度です。もし妊娠していた場合は、流産や死産につながります。

人間に感染すると、3週間くらい潜伏期間があります。その後、40度くらいの高熱が出たり、頭痛や肺炎、肝炎といった症状が出る事があります。

全く症状が出ない人もいます。

犬が顔を舐めるのはやめさせるべき?感染症の予防対策は?

愛情表現をしてくれるのは嬉しいですが、病気の感染の可能性があるのも事実。

やはり顔を舐めるのはやめさせるべきなのでしょうか?

また、感染症の予防対策はどうしたら良いでしょうか?

犬が顔を舐める行為は、やめさせるのがベター

せっかく飼い主を慕って舐めてくれるのに、可哀想だとは思いますがやめさせるのがベターでしょう。

特に、免疫力の弱い子供や年配の方、持病のある方は尚更です。

食べ物を与える時に、犬への口移しはしない

食べ物を口移しで与えている人もいるようですが、感染の危険が高まりますのでやめましょう。

また、自分が使っているお箸でワンちゃんに食べ物をお裾分けするのも、間接的に感染する危険性がありますのでやめましょう。

犬の排泄物を片づけ、生活環境を清潔に保つ

犬の排泄物は長時間放置せずに犬が排泄したら、その都度片付けるのが理想です。共働きなどでワンちゃんを長時間お留守番させる家庭も増えていますが、できる限り早く片付けるようにしましょう。

生活環境をいつも清潔な状態にしておくことが大切です。

まとめ

犬が飼い主の顔を舐めてくるのは、愛情表現や挨拶の意味があるのですね。

上下関係の厳しいオオカミの世界では、口元を舐める事で服従心を伝えるそうです。

また、子供が母親に食べ物をおねだりする時や甘える時にも、口元を舐めるそうです。

飼い主にとっては、自分の事を母犬のように思ってくれてるのが嬉しいですよね。

ですが、病気の感染の可能性があることを忘れてはいけません!

キスをするなどの濃厚なスキンシップから感染するので、そういった事は控えるのがベターでしょう。

免疫力が低下している人が感染しやすいので、睡眠不足や栄養不足などに気をつけて生活するようにしましょう。