犬の歯磨き!したことがないけど大丈夫?頻度とやり方とは?

健康・病気

飼っている犬に歯磨きなんてしたことがない!という飼い主さんは結構いるのではないでしょうか?

きちんと犬に歯磨きをしているという飼い主さんも、結構いるようです。

人間は毎日歯磨きをするのが当たり前ですが、犬にも歯磨きって必要なのでしょうか?

犬の歯磨きの必要性と頻度、歯磨きをしないとどうなるか?についてお話をします。

歯磨きの方法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

飼い犬の歯磨き!したことないけど、必要なの?

犬に歯磨きなんて、一度もしたことがない!そんな方も少なくないようです。

そもそも犬に歯磨きは必要なのでしょうか?

歯磨きをしない場合、歯周病になる可能性が高い

歯磨きをしないでいると、歯周病になる可能性が非常に高くなります。

犬は虫歯にはなりにくいけど、歯周病にはなりやすく、歯磨きをすることによって口の中が清潔になるので歯周病の予防につながります。

歯磨きすることで、歯垢を取り除き歯石を防ぐ

犬の唾液のPHは高く、人間のように虫歯になることは少ないです。

ですが歯垢がついて、それが歯石に進行するのはとてもはやく、歯石は歯周病の原因になるので、歯垢の段階で早めに取り除くのが良いでしょう。

犬は虫歯になりにくいですが、もし虫歯になってしまった場合は、結構厄介です。

犬の歯の根は長くて、顎の骨と繋がっています。ですから、菌が入りこんでしまうと神経や血管まで影響を受けてしまい、歯を抜くことになります。

その後は、抗生剤などによる長期間の治療が必要となるのです。

歯磨きにより、犬の口臭を予防できる

歯磨きをしていないと、食べカスなどから出た臭いで口臭がキツくなります。

犬の口臭に悩んでいる飼い主さんは多いようです。そんな飼い主さんが、犬に歯磨きをしただけで解決した場合も多いです。

ただ、歯磨きを嫌がる場合が多いですので、無理のない範囲で行うようにしましょう。

犬の歯磨きをしたことない!犬の歯磨きのやり方は?

口の中の環境を清潔にし、歯垢や歯石、口臭の予防に役立つ歯磨き!

わんちゃんの健康のためにも、ぜひ習慣にしておきたいところですね。

そこで、今度は犬の歯磨きの方法についてお話をしていきましょう。

犬の口を安全に触るため、毎日徐々に慣らす

歯磨きをする前に、まずは準備が必要です。いきなり歯磨きをしたら、犬は驚いた拍子に噛みつくかも知れません。

犬には大きな牙があるので、気をつけて取かからなくてはなりません。

まず、歯磨きをしようと思ったら、第一段階として犬の口に安全に触れるようになりましょう

回り道になるような気もすると思いますが、これは結構重要ポイントです。

口周りをあまり触られたことがないと、最初は犬も戸惑うかも知れません。

2、3日で慣れさせるのは難しいでしょう。焦らず、毎日少しずつ時間をかけて慣らしていきましょう。

指で歯に触れることができたら、歯ブラシを使う

次第に口の周りを触らせてくれるようになったら、今度は歯を触ることに挑戦しましょう

これも焦らず、徐々に慣らしていきます。そして、指で歯に触れることができたら、いよいよ歯ブラシの出番です!

ブラッシングのしやすい歯から少しずつ磨く

歯ブラシを使う時、いきなり奥歯につっこんで磨くのはやめましょう。犬を驚かせないように、ブラッシングがしやすい前歯から少しずつ磨いていきます。

大丈夫なようであれば、少しずつ奥の方を磨いていきましょう。とにかく、少しずつ進めるのがポイントです!

犬が歯磨きに慣れるまでは、時間をかけて慎重に行う

歯ブラシを使う時に気をつける事は、むりやり磨かないということです。

いきなり歯磨きに慣れてくれたらそれはラッキーなことで、普通はそう上手くいきません。

最初が肝心なので、時間をかけて慎重に行いましょう。嫌がったらそこでストップして構いません。

まずは慣れさせることを目標としましょう。焦らず、少しずつ、気長にやっていくようにしましょう。

犬の歯磨きは毎日したほうがいい?頻度は?

歯磨きに上手く慣れてくれたら助かるのですが、そうでない場合は一苦労ですよね。

犬の歯磨きって、毎日するものなのでしょうか?数日おきでも良いのでしょうか?

気になる頻度について、お話をしていきます。

歯周病の予防として、毎日の歯磨きが理想的

犬は、人間よりも歯周病になりやすいです。予防するにはやはり、毎日の歯磨きが理想的でしょう。

歯ブラシでこすられるのがどうしても苦手というワンちゃんには、水に混ぜて飲ませるだけでOKの、マウスクリーナーがおすすめです。

また、遊びながら知らず知らずに歯のケアが出来る、歯磨きのおもちゃがおすすめですよ。

犬の食べ物にもよるが、週2~3回の歯磨きは必要

毎日の歯磨きが無理だとしても、週に2~3回程度は磨いた方が良いでしょう。歯垢が歯石に変わるのが、それくらいのサイクルだからです。

ドッグフードの種類ではドライタイプとウェットタイプのフードがありますが、やはりウェットタイプの方が汚れがつきやすいです。

ウェットタイプの場合は、頻度を増やした方が良いでしょう。

まとめ

犬の歯磨きの必要性についてお話をしましたが、いかがでしたか?犬にも、人間と同じように毎日の歯磨きが必要なのですね!

犬の口の中は人間と比べて、虫歯になりくい反面、歯垢が歯石に変わりやすいという特徴があります。

歯石がつくと歯周病になりやすいので、歯周病予防のために歯磨きは必要なのです。

歯磨きをする前には、必ず歯に触ることに慣らしておきましょう。

どうしても難しい場合は、水に混ぜるタイプやおもちゃタイプなど、いろいろな歯磨きグッズを試してみるのも良さそうです。