犬はいちごを食べれる?量は何個まで?与える時の注意点!

果物

飼い主さんが食事をしている時、もの欲しそうな顔でこちらを見つめられると、つい与えたくなってしまいますよね。

でも人間が食べて問題ないものでも、犬にとっては実は問題があるかもしれません。

辛いもの、たまねぎ、チョコレートなどなど一般的に知られているものは避けたとして、いちごはどうなの?

と疑問に思っている飼い主さんの疑問を解消するべく、いちごが犬に与える効果をお教えします!

犬がいちごを欲しがる!いちごは犬が食べれるもの?

いちごはビタミンCが豊富で、人間でも美白にも効果があるなんて言われていますよね。

でもその酸味やビタミンCが犬には刺激が強すぎるのでは?なんて心配になりますよね。

欲しがっていても、実際に犬が食べて問題ないのかについてお話したいと思います。

基本的に、犬がいちごを食べても大丈夫

基本的に、犬がいちごを食べても大丈夫です!

酸味を嫌う犬もいるかもしれませんが、与えても問題はありません

しかし、与えすぎには注意しましょう。

どの食べ物にも言えることですが、喜ぶからといって与えすぎは問題です。しっかり飼い主さんがコントロールして適量を与えてあげてください。

いちごのビタミンC成分は、犬の健康維持に有効

いちごに多く含まれるビタミンCは、犬の健康維持にも有効です。

人間でも、ビタミンCを摂取していると風邪をひきにくい免疫力をあげるなどと言われていますが、犬にも同じ効果が期待できます。

犬にとってもビタミンCはとても重要で、健康維持のためには必要な成分とされており、体内でビタミンCをつくることもできます。

しかし、加齢やストレスなどにより、減少してしまうこともあるのです。そのため、外部から摂取することも大切なのです。

犬にいちごを与える時の注意点!与える量や与え方は?

いちごを与えても問題ないとわかれば、さっそく与えてみたいですよね。

しかし、どれくらいの量与えてもいいのか?カットしたり、へたはとった方がいいのかなど、念には念をいれて注意したいものですよね!

では、与える量や与え方についてご紹介しましょう!

いちごには、犬に有害なキシリトールも含まれている

いちごの成分には、ビタミンC以外にキシリトールが多く含まれています。

キシリトールといえば、ガムなどに含まれる虫歯を防ぐ効果がある成分としても有名ですが、このキシリトールが、犬にとっては有害な成分なのです。

人間でもキシリトールを摂取しすぎると、お腹を下すということがありますよね。

犬が大量にキシリトールを摂取してしまうと、体内で大量のインスリンが分泌されてしまい、そのせいで低血糖状態に陥る可能性があるのです。

そのため、糖尿病などの犬には与える量をより一層気をつけてあげましょう。

犬にいちごを与える場合は、数粒ほどが適切

ではどれくらいの量を与えるのが適切なのでしょうか?

体重5キロの犬に対し、1/2個であれば問題ありません。

いちご1個100gにキシリトールは362mg含まれています。

体重10キロの犬が1000mg以上のキシリトールを摂取した場合、中毒症状が起きてしまうと考えられているので、2.5キロのいちごを食べなければいけないことになります。

100gでだいたい7個〜10個ですので、8パック以上与えた場合ということになります。経済的にもそこまであげるのはキツイですよね。

少ないと思うかもしれませんが、ちょっとだけあげるという感覚で与えましょう。

ヘタは消化が悪いため、ヘタを取り除いて与える

私たち人間もいちごを食べる時ヘタは取り除きますよね?

ヘタは犬にとっても、消化が非常に悪いため、取り除いてあげましょう。

そのまま与えてしまうと、吐いてしまったり、うんちにそのまま出てきてしまったりしますので、気をつけてあげてくださいね!

丸呑みを避けるため、適度な大きさに切って与える

いちごを与えると犬はおいしいのでもっと!と要求してくると思います。

そのためにも、小分けにして満足感を与えることが重要です。

体重5キロの犬であれば、1/2個しか与えてはいけませんので、それを細かくして与えてあげましょう。

また丸呑みを防ぐ効果もあるので、喉を詰まらせたりすることの防止にもつながります。

いちごは犬の健康に役立つ!いちごの効果とは?

いちごにビタミンCが多く含まれており、免疫力アップに繋がるということは先ほども少しお話しましたが、他にも犬がいちごを食べると良いことがあるんです!

いちごの効果についてご紹介します!

いちごの食物繊維は、犬のダイエットに効果がある

いちごにはペクチンという食物繊維が含まれています。

ペクチンは整腸作用があり、腸内環境を整えてくれる他、悪玉コレステロールを体外に出してくれる働きもあり、ダイエット成人病予防効果もあるのです。

いちごの抗酸化物質は、認知症や糖尿病の改善に有効

いちごに含まれる抗酸化物質は、老化の原因でもある活性酸素を抑える働きがあり認知症予防に効果があるといわれています。

また糖尿病予防にも有効だと言われています。また視力回復効果なども期待されており、健康維持に効果のある成分が含まれています。

いちごのカリウム成分は、腎臓の老廃物を排出する

いちごに含まれるカリウム成分は、体内の余分な老廃物を排出してくれる効果があります。

犬も人間も、腎臓で体に必要なものと不必要なものを選別しますが、カリウムは不必要なものつまり老廃物を排出する手助けをしてくれるのです。

そのため、腎臓の負担を軽減してくれるため、腎臓病をかかえている犬にもいいとされています。

まとめ

いかがでしたか?犬にいちごを与えることは問題ではありませんが、与える量与え方をコントロールして与えてあげましょう。

いちごに含まれる成分は、犬にとって有害なものもありますが、量を守れば、いいものばかりです。

愛犬の健康維持のためにも、新たなおやつとして取り入れてみてはいかがでしょうか?