犬の下痢がゼリー状!元気そうだけど重病?その原因と対処法!

健康・病気

愛犬がいたって元気そうで、ご飯もいつもどおり食べる・・・だけど、ウンチを見てみると、ゼリー状の下痢(血便)をしていた!どこか具合でも悪いのかな?と心配になりますよね。

元気そうだし、食欲もあるようだけど、これは何かの病気?それとも食べ過ぎ?ゼリー状の下痢(血便)の原因と対処法をご紹介します。

飼い犬がゼリー状の下痢便をした!下痢便の原因は?

ゼリー状の下痢便をした、または何日も繰り返してると心配になりますよね。この下痢便の原因はいったい何なのでしょうか?

ゼリー状の下痢便は、大便に腸の粘液が付着したもの

このゼリー状の正体は、腸の粘液なのです。

粘液がゼリー状に見えるため、ゼリー状の下痢がでたと思われがちですが、大便に腸の粘液が付着した「粘液便」と呼ばれるものです。

粘液は便をスムーズに排出できるように、大腸内で作られているのですが、胃腸に刺激・負担がかかった場合に粘液量が増えてしまい、便と一緒に排出されることがあるのです。

たまにでる分には大きな問題はありません

ゼリー状の下痢便は、大腸疾患の可能性もある

しかし、ゼリー状の下痢便の症状が継続する場合は、大腸の疾患の可能性もありますので、できるだけ早めに動物病院を受診することをおすすめします。

大腸の疾患原因はストレス、食事が合わない、寄生虫感染症など様々な原因が考えられます。

動物病院を受診する際は、愛犬の下痢便をお医者さんに診せると症状が伝わりやすいですよ。

食べたフードによって、ゼリー状の軟便になる場合がある

先ほども少しお話しましたが、ゼリー状の下痢便になる原因はいくつか考えられます。

中でも多いのは、脂っこいもの、牛乳、食べ過ぎなどが考えられます。これは人間でも言えることですよね。

消化に負担がかかっており、軟便になっていると考えられます。今あげているご飯を見直し、様子をみてみるのもいいでしょう。

飼い犬がゼリー状の下痢便をした!元気だけどちょっと不安?

ゼリー状の下痢便がでたら病院に連れていくべき?そんな飼い主さんの疑問を解決します!

下痢便の頻度が少なく、食欲や元気があれば特に問題はない

下痢便の頻度が少なく、いつも通り元気で食欲に問題がなければ問題はありません。

消化器官に負担がかかっているという原因が一番考えられます。腸内環境を整えてあげる、または現在の食事を見直すという方法で様子をみてあげましょう。

また下痢になると脱水症状に陥りがちです。水分をたくさん与えてあげるなど、工夫をしてあげましょう。

症状が長く続く場合は、腸内寄生虫などの疑いもある

人間も同じですが、長期の下痢が続くと細菌やウイルスに感染している場合がありますよね?犬も長期で下痢が続く場合は、細菌や寄生虫などの疑いがあります。

この場合は駆除薬などを餌とともに投与することになりますが、必ず飼い主さんの判断ではなくお医者さんに診せて指示を仰ぎましょう。

便に血が混じる場合は、獣医師の診断を受ける必要がある

血便が出ている場合は、すぐにお医者さんの診断を受けましょう。内臓疾患や大腸炎などの可能性があります。血便がでても、慌てず愛犬の様子を観察し、記録しておきましょう。

いつ頃、どれくらいの頻度ででたのかなどがわかると原因究明に役立ちます。そして、便をお医者さんに持参してください。

犬がゼリー状の下痢便をした時はどうする?適切な対処法は?

愛犬がゼリー状の下痢便をしてしまった場合は、慌てず適切な対処を行いましょう。

適切な対処法って何をすればいいの?という飼い主さんのために、具体的な対処法をお教えします!

脱水症状を回避するため、スープなどで水分を補給させる

下痢の状態は、脱水症状に陥りやすいので、水分を多く与えてあげましょう。

しかし、あまり水分を与えすぎると逆に下痢がひどくなってしまう可能性がありますので、ぬるま湯やスープなどで水分補給をさせ、胃腸を休めてあげる方法がおすすめです。

鶏ガラスープなどは栄養も水分も同時に取れるので、犬も抵抗なく飲んでくれるでしょう。

脂肪を抑えた消化しやすいフードを与える

ドライフードを与えている飼い主さんは、ウェットのものに変えてあげてみてください。ドライフードには油分が多く含まれているため、油分が消化の負担となり下痢の原因となっている場合があります。
ウェットで水分を含んでいるご飯にしてあげる、もしくはドライでも1回に与える量を調整するなど、胃腸を休ませ、消化しやすい食事を考えてあげましょう。

子犬や老犬、犬がぐったりしている場合は病院を受診する

免疫力が高くない子犬や、体力が落ちている老犬の場合は、ウィルスや寄生虫、内臓疾患の可能性が考えられます。

血便が出て、さらにぐったりしているなどの症状がみられた場合は、すぐにお医者さんに診てもらいましょう。

まとめ

ゼリー状の下痢便だけでも不安になりますが、血便だともっと不安になりますよね。

飼い主さんは落ち着いて、愛犬の症状をよく観察・記録してあげましょう。

いつもと変わらず元気で、食欲も落ちていなければ、消化器系の疲れ、腸内環境の乱れが原因かもしれませんので、食事、生活習慣を見直してあげましょう。

長期で続く場合は、お医者さんを受診しましょう。その際に、症状を伝えられるように下痢便を持参してみてくださいね。