犬アレルギーって突然発症するの?その症状と対策法!治し方とは?

シャンプー・お風呂

なんだか最近咳や鼻水がでる・・・これってもしかして犬のアレルギーかも?

でも今までずっと飼い続けてきて、何も症状がでたことないのに突然発症することなんてあるの?

と思っている飼い主さん!実は突然アレルギーを発症することもあるのです。

アレルギーになってしまう原因は?また、発症してしまった時の症状・対処法について詳しくご紹介いたします。

犬アレルギーって突然発症するの?その原因は?

犬アレルギーは突然発症するのでしょうか?

今までなんともなかった方でも、突然犬アレルギーになってしまうことがあるのです。

アレルギーの症状の度合いは個人差があります。ではなぜ突然アレルギーになってしまうのでしょうか?

犬アレルギーは、年齢や性別を問わず突然発症する

犬アレルギーは先ほども述べたように、突然発症します。

発症する年齢、性別は特に決まっておらず、何年も犬を飼っていた方でも、突然発症したりします。

原因は、犬の毛や唾液などに含まれるアレルゲン

原因は犬の毛、フケ、唾液などに含まれるアレルギーの原因物質によるものです。

この原因物質をアレルゲンといい、このアレルゲンに体がアレルギー反応を起こし、咳や鼻水などの症状を引き起こします。

一番の原因は犬の毛と言われていますが、犬の毛についたほこりや花粉などがアレルゲンになっていることが多いようです。

犬アレルギーにはどんな症状があるの?その治療方法は?

もしもあなたやあなたの家族が犬アレルギーを発症してしまったら、一体どんな症状がでるのでしょうか?

愛犬と仲良く暮らしていくためにも、アレルギーに対する治療法があるのか気になりますよね。

具体的な症状と治療法について知っておきましょう。

軽い症状は、鼻水・くしゃみ・目の充血・皮膚炎など

症状は個人差がありますが、軽い場合は、

  • 鼻水やくしゃみ
  • 目の充血
  • 皮膚炎

などです。この症状は一時的なものではなく慢性的に続きますので、軽いといっても辛い症状だと思います。

アレルギーかどうかわからない方でも、風邪でもないのにこの症状がずっと続いた場合は疑ったほうがいいでしょう。

重い症状では、めまい・下痢・嘔吐・呼吸困難など

重い症状の場合は、

  • めまい
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 呼吸困難

などの症状がでます。これは軽い症状の状態を放置した場合に起こることが多いので、重症化する前にお医者さんに相談しましょう。

アレルギーに効く特効薬は無く、主な治療は対症療法

犬アレルギーだけではなく、アレルギーに効く特効薬は残念ながらありません。

現在出ている症状に合う薬が処方され、一時的に症状を抑える「対処療法」という治療法で、完治することは難しいと言われています。

自分の症状にあった治療法を病院の先生と相談し、処方してもらいましょう。

犬アレルギーを発症すると、完治することは難しい

先ほども少しお話しましたが、犬アレルギーを一度発症してしまうと完治することは難しいと言われています。

そのため、犬を飼う前にご自身がアレルギー体質ではないかという検査を受けることをおすすめします。

アレルゲンの一番の原因は犬の毛と考えられています。毛が抜けにくい、アレルギーになりにくい犬なども公表されていますので、事前に確認しておくのもいいかもしれません。

しかし、飼っていていきなり発症してしまうこともあるかと思います。

その場合は、アレルギーの原因となっているアレルゲンを少しずつ体内に取り入れ免疫をつける脱感作療法」という治療法もあるので、試してみるのもいいでしょう。

犬アレルギーを予防する方法はある?有効な対策とは?

ではアレルギーを予防するためにも何か対処法はあるのでしょうか?

その方法を知っておけば、発症や症状を緩和することができるかもしれません。有効な対策をご紹介したいと思います。

可能な限り、犬と人間の居住スペースを分ける

室内犬が多い現在、なかなか居住空間を分けるというのは難しいかもしれません。

しかし、愛犬と楽しく生活を送るためにも、ご自身や家族が犬アレルギーになりにくい生活スタイルをつくることも大切です。

何度もお話しましたが、アレルギーの原因は「犬の毛」です。犬の毛を吸い込まない空間を作りましょう。

かわいい愛犬と一緒に寝ている方も多いかもしれませんが、人間は1日の1/3が睡眠時間です。

睡眠時間に吸引してしまう機会も多くなるので、できるだけ寝室は分けるなど工夫しましょう。

犬のシャンプーやブラッシングをこまめに行う

アレルギーの原因は犬の毛、唾液、フケに含まれる物質とお話しましたが、アレルギーを予防するには、それらに接触する機会を減らすことが重要と言えます。

犬の毛を清潔に保つために、こまめにシャンプーやブラッシングを行ってあげましょう。

また犬に触れた後には、ご自身の衣服や手などをしっかり洗い、アレルギーの原因となる物質を吸い込まないようにすることも大切です。

部屋の掃除を毎日行い、空気清浄機を利用する

犬だけではなく、居住空間の掃除も毎日行いましょう。

アレルギーとなる物質を吸い込む、触れる機会が少なければ、アレルギーは予防できます。

犬がいる部屋は特に念入りに掃除を行い、空気清浄機などを利用し、アレルギー物質が飛散するのを防ぐのも効果的といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?家族みんなが愛犬と楽しく暮らしていくためにも、犬アレルギーを発症しない工夫も必要ですね。

アレルギーの原因となる物質は、犬の毛、フケ、唾液です。吸引してしまうことをできるだけ避けることが、アレルギーの予防にもつながります。

また飼い主さんや家族に、アレルギーかも?と思われる症状がでた場合は、早めに医療機関を受診しましょう。放っておくと重症化してしまう可能性があります。

かわいい愛犬と途中でさよならしなくてはいけなくなる、という事態は避けたいですよね?

一緒に添い遂げるためにも、飼い主さんも居住空間を分ける掃除をこまめにする犬のシャンプー・ブラッシングをこまめに行うなどして、予防することが大切です。