犬が吐く未消化の嘔吐物!でわかる原因と対処法

健康・病気

かわいい愛犬が突然の嘔吐!しかも未消化のよう・・・なんだか元気もないような、いつもと変わらないような・・・と不安になりますよね。

大切な愛犬だから、苦しませたくない!何かあったら早く対応したいですよね。

未消化の嘔吐から考えられる原因や対応についてご紹介したいと思います。

犬が吐く未消化の嘔吐物!考えられる原因は?

犬が消化物ではなく、未消化物を嘔吐をする原因は何なのでしょうか?初めてや突然のことだと驚きますよね。

未消化物を嘔吐する考えられる原因を調べてみましたので、ご紹介します。

食べ過ぎや早食いによる消化不良

飼い主がフードを与え過ぎたり、拾い食いをしたりなどの理由で消化不良を起こし、犬が吐いてしまうことは多いです。

与えられた餌は全部食べようとしてしまうので、胃が刺激されてしまい吐き戻します。

食べ物を口に入れてすぐに吐いた場合は、犬自信が本能で吐いて出そうとしている可能性があり、それほど心配する必要はないでしょう。

この場合は嘔吐は続かず、いつも通りの様子であれば問題ありません。念のため、半日ほど絶食し、消化が良いようにドッグフードをふやかして与えると良いでしょう。

食べた食材が、犬の体質に合わない

いつもと違う餌を食べた場合や、散歩中に拾い食いした食べ物が合わずに吐き戻すこともあります。

日頃から拾い食いの癖がある場合は、散歩中に飼い主が注意しましょう。人間にもアレルギーがあるように、犬にもアレルギーがあります。

フードを変えた場合、すぐに吐き戻しの反応がみられるときと、数日経ってから吐き戻すときがあるので注意が必要です。

フードを変える場合は、今までの餌に少しずつ混ぜて慣れさせましょう。

口の中や喉、食道などに異常がある

上記のような場合は、いつも通り元気があり、嘔吐が続かなければそれほど心配はないでしょう。

しかし、嘔吐を繰り返す嘔吐物に血が混じっている背中を丸めた格好でいるという場合は要注意です。

喉や食道に腫瘍や異物が引っかかっている場合は、胃まで食べたものがたどり着かず、未消化のまま嘔吐します。

さらに胃炎や胃潰瘍など胃に異常がある場合は、嘔吐物に血がまじっていることもあります。

犬が吐く未消化の嘔吐物!大丈夫なの?対処法は?

犬が消化物ではなく未消化物を嘔吐した場合、慌ててすぐに病院に行くべきか悩みますよね。

犬が未消化物を嘔吐したときはどんなことに気をつければ良いのか、その対処法を調べてみましたのでご紹介します。

食事の際に量を減らし、食べ過ぎや早食いを防ぐ

犬は与えられた餌を早く、全部食べようとする習性があります。飼い主が与えれば与えるだけ頑張って食べてしまうので、消化不良を促してしまいます。

犬の種類や大きさに合った餌の量を与えるようにし、早食いを防ぐために少しずつの餌を、複数回に分けて与えるのが良いでしょう。

ペットショップなどでは、早食い防止の食器も販売されています。そういったアイテムを取り入れるのもおススメです。

小刻みに食事を与え、ドライフードは減らす

嘔吐した場合は、食事の感覚を空けて少しずつ餌を与えましょう。様子を見て、嘔吐が続かないようであればいつも通りに戻しても大丈夫です。

また、ドライフードはお腹の中で水分を吸って膨らみます。それによりお腹がいっぱいで苦しくなり、吐いてしまうことが多いようです。

どうしてもドライフードしか食べない場合は、水分が少なく消化しにくいので、ふやかして与えるか量を減らすようにしましょう。

何度も吐く場合は、獣医師の診察を受ける

嘔吐を繰り返したり、元気がないせき込んでいる下痢発熱痙攣しているような場合は大きな病気が原因の可能性があります。

できるだけ早く、動物病院で獣医師の診察をうけましょう。

また、診察を受ける際は犬が吐いたものをビニール袋に入れて持参することをおすすめします。

犬が未消化で吐くのは「嘔吐」ではない?吐き方の違いとは?

犬が吐いた場合、嘔吐と思われますが、実は未消化で吐くのと、嘔吐は別なのです。

ここでは犬が「吐く」の違いをご紹介します。

嘔吐:食べ物が胃や腸で消化された後に吐く

消化されたものが外に出た場合を嘔吐といいます。

ある程度消化しているので、食べたものが胃や腸まで届いたけれど、胃や腸の問題で外に出してしまう状態です。

嘔吐物がドロドロしていることがほとんどです。嘔吐した場合は胃や腸の異常が考えられ、下を向いて吐くのが特徴です。

吐き出し:食べ物が胃に入る前に吐く

吐いたものが未消化の場合を吐き出し、吐出といいます。

食べたものが未消化なので、胃や腸まで届かずに口へと逆流しています。

胃よりも前の食道などの器官に問題があると考えられます。吐き出しの場合は、勢いよく前に吐き出すのが特徴です。

嘔吐と違い、吐いた食べ物を再び食べようとする様子がみられます。

嚥下困難:食べた物を飲み込めないために吐く

食べたものを飲み込むのが難しい場合は嚥下困難と考えられます。

せき込むような仕草や食べる行為が苦痛そうな様子がみられ、何らかの病気や筋力の衰えが原因と考えられます。

まとめ

愛犬が突然嘔吐したら驚きますよね。吐いたものが未消化物であれば特に問題ない場合が多いようです。

ただし、嘔吐を繰り返したり、元気がないようであれば動物病院で獣医師の診察をうけましょう。

また、器官が短い犬種は吐きやすくなります。チワワやヨークシャテリア、フレンチブルドックといった小型犬は比較的吐くことが多いようです。

さらに消化器官の発達が未熟な子犬や、逆に消化器官の機能が衰えるシニア犬も吐くことが多いようです。

特に子犬は好奇心が旺盛なので、誤飲の危険もあります。

犬の体質や年齢を理解し、大切な愛犬が健康に過ごせるよう、日頃からこまめに様子をみてあげましょう。