犬のいびきはチワワが特にうるさい?【命の危険性も・・・】その理由とは?

犬種

犬のいびき聞いたことありますか?

愛犬が可愛く寝てると思ったら、なんだか聞き慣れない音が・・・もしかしていびき!と驚いたことある方いらっしゃると思います。

そしてこのいびき、チワワが特にうるさいそうなんです。小さくて可愛い印象のチワワがなんて意外ですよね。

どうして犬の中でもチワワのいびきがうるさいといわれているのか、その原因は?とても興味深いですよね、調べてみましたのでご紹介します。

犬のいびき!特にチワワのいびきがうるさい!その原因とは?

人間と同じように犬もいびきをかきます。様々な犬種の中でも、特にチワワのいびきがうるさいといわれています。どうしてなのか原因を調べてみました。

チワワなどの鼻の短い犬種は、寝息がいびきになりやすい

そもそもいびきとは、呼吸するときに空気が鼻や口から入り、喉や器官を通って肺に到達する際に通り道のどこかが狭くなり、呼吸器を通る空気が振動することで聞こえます。この仕組みは人間も犬も変わりません。

チワワは他の犬種に比べて鼻が短く、軟口蓋といわれる口腔内の天井部から後方に伸びた柔らかい部分が長いので気道を塞ぎいびきの原因になるようです。

チワワは太りやすく、肥満がいびきの原因になる

チワワは太りやすい犬種でも有名です。気道の周りに脂肪がつくことで、気道が狭くなりいびきが発生します。

人間も肥満の人がいびきをかきやすいように、犬も肥満の方がいびきをかきやすくなります。

老化など、喉の筋肉が衰えるといびきが発生する

チワワだけに限らず、老化により喉の筋肉が衰えることもいびきをかきやすくなる原因になります。

チワワのいびきがうるさい!病気の可能性もある?

チワワのいびきがうるさいのは、犬種の特徴でもありますが、それ以外に病気が原因の可能性もあります。

考えられる病気を調べてみたので、ご紹介します。

軟口蓋過長症:軟口蓋が通常より長く、呼吸がしにくい

軟口蓋過長症とは、先にご紹介したように軟口蓋が通常よりも長く、それにより呼吸が妨げられる呼吸器系の病気です。チワワやブルドックなどの短頭種に多くみられます。

呼吸時に雑音が多く、開口呼吸や大きないびきがみられます。ひどくなると、チアノーゼ呼吸困難になり、最悪の場合には命に関わります。

治療法としては、軟口蓋を切除する外科的手術が一般的です。

気管虚脱:気管の軟骨が潰れ、呼吸困難になる

鼻や口から入った空気を肺に送る気管が、犬の場合35~45個のC型の軟骨が外側を囲んでいて、首の動きに合わせて変形するようになっています。

気管虚脱とは、その管が押しつぶされることで正常に空気が流れなくなる病気です。

これにより、呼吸困難や呼吸による体温調節が難しくなり、命に関わります。呼吸が荒くなり、渇いた咳が出ます。夏場に発生しやすく、再発しやすいのが特徴です。

気管が一度つぶれてしまうと元には戻らないので、首輪で喉を圧迫するのを避けたり、適度な温度に気をつけてあげましょう。

心臓病:息切れしやすくなり、いびきがひどくなる

心臓病が原因でいびきに似た音が発生するといわれています。

最も多いのが心臓肥大で、心臓の筋肉が肥大することで気管を圧迫し、気管が狭くなることで呼吸困難を引き起こします。

いびきのような音と咳をする場合は、心臓肥大が疑われます。心臓肥大は治療が難しく、違う病気を併発することもあるので、日頃から脂肪分や塩分が高い餌を与えるのは控えましょう。

犬のいびきがひどい!犬のいびきを改善する方法とは?

聞いたことある方はわかると思いますが、犬のいびきは人間と同じようにかなり大きな音量です。

さらに愛犬がうなっている姿はかわいそうですよね。そんな犬のいびきを改善する方法はあるのでしょうか?少しでも参考になればと思い調べてみましたので、ご紹介します。

快適な室温:暑さ寒さで寝苦しいと、いびきをかきやすい

気管虚脱でご紹介したように、暑かったり寒かったりと犬にとって快適な温度でないと寝苦しく、呼吸が荒くなるためいびきをかきやすくなります。

犬は人間よりも体温が高いため、犬が開口呼吸しているなと感じたり、元気がないようであれば温度が適温ではないのかもしれません。注意深く様子をみてあげましょう。

寝る時の姿勢:頭を高くすると、呼吸が楽になる

人間と同じように寝る姿勢や、寝相の悪さによっていびきが発生している可能性があります。

小さな赤ちゃん用の枕や、タオルを折りたたんで頭の下に敷いて頭を高くしてあげましょう。頭を高くすることで呼吸が楽になり、いびきを小さくすることができます。

ダイエット:肥満を解消すると、いびきも小さくなる

これもまた人間と同じように、肥満がいびきの原因となります。

肥満により首周りに脂肪がつくことで、気管を圧迫します。すると呼吸がしにくくなるのはもちろん、心臓肥大の原因にもなります。

特にチワワは肥満になりやすい犬種です。適正な体重をキープできるように、お散歩や餌の種類に注意するなどしてダイエットさせましょう。

まとめ

チワワやブルドックといった、鼻の短い犬種はいびきをかきやすく、身体の大きさに反していびきの音量も大きくなります。

またいびきをかいて寝ているなと周囲は慣れるかもしれませんが、実は大きな病気が隠れている可能性もあります。

上記でご紹介した以外にも、アレルギーにより鼻や喉が腫れることでい呼吸がしにくくなったり、誤飲によって異音やいびきがみられることもあります。このような場合は早急に治療する必要があります。

呼吸が荒い、咳をしている、元気がないという症状がいびき以外にある場合は、動物病院で獣医師の診察をうけることをおすすめします。

日頃から犬種に合った餌を与えて、適度な運動、快適な温度を保つようにし愛犬の様子をみてあげましょう。