犬の肥満対策【ダイエット】無理なく痩せる正しい減量方法!

健康・病気

愛犬との楽しいお散歩。よそのワンちゃんとすれ違ったり、コミュニケーションをとったりしている時に、ふと気づいてしまった人もいるのではないでしょうか?

「うちの犬は、もしかして太っている!?」と・・・犬も人間と同じように、運動不足や食べ過ぎによって肥満となってしまうのです。

そしてそれは、病気の発症率を高めてしまうことにも!愛犬の肥満に気付いたら、今からでも遅くはありません。肥満解消のために、ダイエットをしてみましょう。

その際、決して無理をしてはいけません。急激な体重変化によっても、健康を損なうからです。それでは、犬の肥満対策やダイエットについてお話をしていきましょう。

犬の肥満対策!ダイエットを成功させるポイント

肥満になると体が重くなるため、動くのが億劫になります。運動をしないと益々太ってしまうという、悪循環に陥ってしまいます。

既に太っているワンちゃんだけでなく、これから太ってしまわないように標準体型のワンちゃんも肥満対策をとっておくと安心です。

ダイエットを成功させるには、いくつかのポイントがあります。

その点を守るだけで、かなり効果があります。犬の体にも負担がかかりにくいのでおすすめです。

適量以上のフードやおやつを与えない

愛犬のおねだりに負けて、欲しがるだけフードをあげていませんか?また、大好きなおやつをたくさんあげてしまったり、人間の食事を分けてあげたり。

このような生活では、確実にカロリーオーバーしています。フードの袋に書いてある量を守っているのに太るのは、あなたの愛犬にとっては多いということです。

袋の記載はあくまでも目安ですので、量は飼い主さんが調整してあげましょう。

フードをダイエットフードに変える

フードにはいろいろな種類があり、ダイエット用のフードというものがありますので、そちらに切り替えてみるのもおすすめです。

その時に気をつけなくてはいけないのが、いきなり全量をダイエットフードにすることです。突然、別のフードになってしまうことで、お腹の調子を崩す場合もあるんです。

切り替える時には、今のフードに混ぜ込みながら少しずつ以降していきましょう。また、茹でた野菜をあげてみるのも良いですよ。量が増えるのに低カロリーなのでおすすめです。

豚肉をやめてササミにするというのも良いでしょう。

おやつの質(低カロリー)を変える

おやつをたくさんあげていると、確実に太ります。

おやつは一度あげると、何度もおねだりされちゃいますよね。根負けしない自信がないのなら、おやつはあげない方が良いでしょう。

もしあげるとしても、低カロリーなものを選ぶようにしましょう。回数を多くもらえれば、量が少なくても満足します。少量ずつ数回に分けるという方法もおすすめですよ。

今までおやつをあげていたのに、突然何もあげない!という事はやめましょう。徐々に減らしていけば良いのです。

散歩の距離や時間、回数を増やす

いくら食べる量を減らしても、散歩の時間が少なければなかなかダイエットは成功しません。痩せないからといって食事ばかり減らしていては、不健康になるだけです。

逆に、食べていてもその分散歩していれば太ることは無いのです。ですから、散歩の距離を今より長くしたり、1日2回だったのを3回にするなどして、なるべく体を動かすようにしてみましょう。

ただし、体に負担が大き過ぎるほどの長距離や長時間の散歩をすることはありません。何より重要なのは継続すること!そのためには無理なく続けられるようにするのが大切です。

犬の肥満!ダイエットせずに放置しておくと大変なことに!

太ってしまった愛犬を見て、「少しくらい丸い方が可愛い」なんて思って放っておくと大変なことになりますよ。

人間社会ではメタボが問題になっていますよね。犬だって、肥満で体を壊したりするんです。

[aside type=”warning”]
代表的な症状を挙げてみますね・・・

  • 関節炎
  • 椎間板ヘルニア
  • 便秘
  • 呼吸器系疾患
  • 皮膚炎
  • 糖尿病

[/aside]

関節に負担が掛かると、痛みで散歩に行きたくなくなるので運動が出来なくなります。呼吸器系の病気がある場合は、肥満によって呼悪化することも多いです。糖尿病などは、命の危険につながりますので大変恐ろしいもの。

愛犬と長く一緒に暮らしていきたいのであれば、肥満を放置せずダイエットさせましょう。

まとめ

犬の肥満と対処方法についてお話をしましたが、いかがでしたか?

肥満を放置していると、全身に不調が生じてきますので是非ダイエットを考えてみてください。その時に気をつけなくてはいけないのが、体重の減り具合です。

特に小型犬の体は人よりもずっと小さいですので、たった数百グラムの減量でも体に負担が掛かるのです。徐々に、ゆるやかに、少しずつ。

この言葉を頭に入れて、ハードなダイエットは避けましょう。

コメント