犬のマイクロチップの登録方法と費用は?デメリットとメリットも解説!

飼い方・育て方

愛犬にマイクロチップを入れている飼い主さんは、どれくらいいるでしょうか?

犬のマイクロチップの存在は、今では多くの人に知られています。

ですが、実際に利用している人はまだまだ少ないようです。

マイクロチップについての知識が少ないと、やはり不安が大きくなり、なかなか決断出来ないですよね。

そこで今回は、マイクロチップを入れることに対するデメリットやメリットについてお話をしてきます。

犬のマイクロチップ登録・費用について

それではまずは、犬のマイクロチップの登録方法や費用についてご紹介します。

その前に、犬のマイクロチップについて、簡単に説明しておきますね。

マイクロチップは、大きさは直径2mm、長さ12mmで、円筒形をしているのが特徴です。

この電子標識器具には、それぞれに15桁の数字がつけられています。

その数字を読み取る事で、個体を識別するという仕組みです。

読み取るには専用のリーダーが必要となります。

 

マイクロチップは、生後2週間から装着可能

埋め込みが完了すると、動物愛護ID普及推進会議により番号の照会が出来るようになっています。

読み取り専用のリーダーが導入されている場所が少ないですが、関係行政機関で導入が進められています。

これから増えていくことでしょう。

マイクロチップ装着費用はどれぐらい?

気になるお値段ですが必要な費用としては、装着するための費用動物ID普及推進会議への登録費用です。

装着には5,000~10,000円くらいかかり、登録には1,000円かかります。

マイクロチップは動物病院で獣医師によって取りつけてもらうのですが、病院によって費用が違います。

ですから、前もって電話などで具体的な金額を確認してみると良いでしょう。

登録料の方は、病院に関係なく1,000円です。

マイクロチップの登録方法とは?

マイクロチップは、どのようにして登録すれば良いのでしょうか?

犬のマイクロチップというのは、犬の名前の他に、飼い主の氏名、住所、連絡先も登録されます。

これらの情報を登録するのは、飼い主さん自身です。

「動物ID普及推進会議(AIPO)」のデータベースに登録します。

申込書を郵送することで登録できます。

代金は、郵便振替か銀行振り込みとなります。

病院は、チップを取りつけてくれるだけです。

登録は自分でしましょう。

マイクロチップを入れるデメリットについて

マイクロチップを入れることにためらいがあるのは、やはりデメリットの事を考えてしまうからでしょう。

それでは、具体的にどのようなデメリットがあるのかご紹介していきます。

飼い主の金銭的負担

動物病院によって金額は違いますが、10,000円前後の出費となります。

いままでチップを入れなくても特に不自由なく過ごしてきた場合、わざわざそれだけのお金を払って取りつける必要があるのかどうか、迷いますよね。

埋め込みには痛みを伴う?

マイクロチップは、皮下注射によって埋め込まれます。

この注射の針は、普通の針よりも随分太いのです。

ですから、埋め込みの際には痛みがあるようです。

皮膚の場所によって痛みが少ない場所がありますが(首など)、気になる場合は獣医しに確認してみましょう。

MRI撮影などに悪影響が出ることがある?

動物病院でMRIの検査を受ける時に、影響が出る場合があります。

機材によっては、画像が乱れてしまうそうです。

そのせいで、体の異常を発見することが出来ない可能性もあります。

レントゲン、CTスキャンには悪影響はないようです。

マイクロチップリーダーがないと識別できない

迷子らしい犬を見つけた時、その情報を読み取るには専用のリーダーがある所まで連れて行かねばなりません。

ですから愛犬が迷子になった場合、保護してくれた人が専用のリーダーがある施設に行くまで、待っていなくてはいけませんね。

動物関係の機関に行けば、大抵マイクロチップリーダーがあります。

でも、保護してくれた人にも予定はあるでしょうし、すぐに連れて行けるかどうか分かりませんものね。

マイクロチップを入れるメリット

マイクロチップの悪い所ばかり書いてしまいましたので、今度はメリットをご紹介します!

保健所に持ち込まれた時検索して貰える

何かの拍子に愛犬とはぐれてしまった場合、愛犬が保健所に持ちこまれる可能性があります。

そういった時には、保健所で検索して貰えます。

最終処分の前に、必ずマイクロチップの確認をしている保健所もあるようです。

盗難にあった時、自分の犬だと証明できる

もしも犬が誘拐された場合、マイクロチップが取りつけられていれば、自分の犬である事を証明出来ます。

ペット保険が安くなることがある

今は、たくさんの種類のペット保険がありますよね。

ペットが治療を受けると、とてもたくさんのお金がかかるため、利用する人も増えています。

そんなペット保険が、マイクロチップの装着によって割引きになるケースもあるんです!

全ての保険会社が実施しているわけではありません。

あなたの愛犬がもしマイクロチップを装着しているのであれば、保険会社を決める時に割引をしているかどうか確認をしてみましょう。

体温測定ができるマイクロチップがある

なんと、マイクロチップの中には、体温測定機能のあるものもあるんです!

病院で体温測定が必要になった場合、とてもスムーズに出来て便利ですよね。

まとめ

犬のマイクロチップについてお話をしてきましたが、いかがでしたか?

愛犬の体に異物を埋め込むなんて、ちょっと怖い話ですよね。

でも、犬とはぐれてしまった時に、個体識別が出来ると助かる場合もあります。

それに、健康への害は心配ないそうです。

メリットとデメリット、両方をよく見比べた上で検討してみてくださいね。